グレーゾーンの子を持つ親が知っておきたい発達の特徴とEQを意識した言葉がけ

「もしかして、うちの子は発達障害かもしれない」と感じたことはありませんか。
「トラブルが多い」「言うことを聞かない」「おとなしすぎる」など、その原因はさまざま。
実は今、一度はそう感じたことがあるという親は、以前よりとても多くなっています。
ここでは、グレーゾーンの子どもの親が、知っておきたい発達の知識や対処法をご案内します。

グレーゾーンの子どもの特徴

発達のグレーゾーンの子どもには、次のような特徴があります。

・一般的な成長についていけていない部分がある
・能力やスキルにばらつきがある
・発達障害の診断がつくほどではないが、本人も周りも困り事が多い

そのため、グレーゾーンの子は、典型的な発達の子や診断のある子どもに比べ、トラブルが起きやすいという特徴があります。

発達の領域とスペクトラム

子どもの発達には、認知機能、社会性、感情調整能力など、それぞれの領域があります。
そしてどの子どもも、その発達のパターンは、一人ひとりちがうのです。

発達の分野で、スペクトラムという言葉は、連続しているという意味で使われ、軽度から重度までさまざまな程度や特徴を持つことを示します。
(例えば、自閉スペクトラム症(ASD)は、高機能自閉症から重度の自閉症まで、多様な特徴を持つ人たちを含む言い方です。)

グレーゾーンの子どもはその中でも、定型的な発達の子と、診断がついて支援を受けることができる子どもとの、ちょうどはざまに位置しています。

だからこそ、その対応がむずかしいといわれているのです。

グレーゾーンの子どもへの言葉がけ

ポイントはコミュニケーション

特にグレーゾーンの子どもが、つまずきがちなポイントがコミュニケーションです。
その理由は、社会性や、感情のコントロールについての発達がゆっくりである場合が多いため。
ですが、今まで感情や社会性についての知識は、あまり重要視されていませんでした。

その結果、家庭や学校では
「ちゃんとしなさい!」「どうしてそんなことばかりするの!」
などのように、子どもを叱ってしまいがちになるのです。

感情をあらわすことばを使う

このように、子どもを頭ごなしに叱ることは、逆効果にしかなりません。
では、どうすればいいでしょうか。
グレーゾーンの子どもには特におすすめの言葉がけがあります。
それは、「気持ちをあらわすことば」を使うこと。

例えば
「片づけると気持ちがいいね
「ゲームに負けてくやしかったね

などのように、その時の気持ちを想像し、意識した言葉がけをしてみましょう。
そうしていくことで子どもには、自分の気持ちに気づき、他者の気持ちを想像する力が育まれていきます。

親も発達やEQの知識を身につけましょう

自分の子どもが発達障害やグレーゾーンかもしれないと思った時、まず思い浮かべるのが専門家に相談することではないでしょうか。

もちろん、それはとても大切なことです。
でも、一番子どもが接する機会が多いのは、親であるみなさんですよね。

だから、子育てがはじまったら、大人がぜひ、発達や子どもへの言葉がけについて学んでほしいと思います。
特にEQ(感情の知性)の知識は子育てをするうえで、ぜひ知っておいてほしい内容です。

EQについてはこちら
思いやりのコミュニケーション EQを高める感情の教育

グレーゾーンの子どもの発達とEQを意識した言葉がけの工夫、ぜひ参考にしてみてくださいね。


思いやりのある子に育てるための
EQ子育てレッスンヒント
メルマガで毎週お届けしています。


関連記事

  1. ノンバーバルコミュニケーションの重要性②言葉と表情の不一致がまねく違和…

  2. 気持ちが安定した子に育てるための大事なポイント:早寝、早起き、セロトニ…

  3. 初めての場所が苦手な子の対応策

  4. 赤ちゃんはどのように言葉を覚えていくの?ことばの聞き取りの発達段階のま…

  5. ちょっとしたことでショックをうける繊細な子、その理由とマインドフルネス…

  6. 困ってしまう子どものこだわり行動、どう対応する?

  7. 診断は何のためにある?発達障害の支援の理解

  8. 子どもの自律をうながす3つのポイント②失敗したときにかける言葉がけ

すこやかな暮らしの書 島沢照美作品集

メルマガのご登録をお待ちしています

  1. こども