子どものためのアサーショントレーニング② 親子で実践したいアイメッセージ

お友達とすぐに喧嘩になってしまう。なにかあるとすぐ癇癪をおこす。
お子さんのそんな悩みをもっていたら、ぜひ親子でアイメッセージを実践してみてください。

この記事では、相手も自分も大事にしながら、言いたいことを上手に伝える方法
アイメッセージ」についてご紹介します。

「アイメッセージ」とは?

「アイメッセージ」とは、自分「I」を主語にして伝えるメッセージのことです。
それに対して、あなた「YOU」を主語にして伝えるメッセージを「ユーメッセージ」といいます。

ユーメッセージで伝えると…

例えば

子どもが連絡もなく、帰りが遅くなった場合

「こんな時間まで、いったいどこで何をしていたの!(あなたは)」

などのように、怒ってしまうことはないですか。
これは「ユーメッセージ」です。
このように「あなた」を主語にすると相手を責める言い方になってしまいがちです。

一方的に責められると、子どもも
「そんなこと言ったって」と反発しますよね。

アイメッセージで伝えてみると…

これを「アイメッセージ」で言いかえてみます。

「帰りが遅くてとても心配したわ。(私は)これからは遅くなる時は連絡してほしいの。(私は)」

いかがでしょうか。
「アイメッセージ」の場合は、その時の自分の気持ちを伝えています。
そうすると、子どもにもこちらの状況が伝わりやすいので、素直に受け入れやすくなります。

子ども同士でも「アイメッセージ」

アイメッセージを使うと、子ども同士のコミュニケーションもスムーズになっていきます。

例えば、お友達が使っているおもちゃを、自分も使って遊びたいとき。

「いつまでもあなたばっかり使って(あなたは)ずるい!
早く貸してよー(あなたが)」
と、ユーメッセージで伝えてしまいがちですよね。

でも、こんな時
「私も、そのおもちゃ使いたいの。
そろそろ交代してくれたら(私は)うれしいな」
と「アイメッセージ」を使って伝えてみるのです。

自分の気持ちを率直に伝えることで、相手も嫌な気持になることはなく、コミュニケーションをとることができます。

自己主張が上手にできる子を育てるために

コミュニケーションの力を育むには、上手に自己主張する力をつけることがとても大切です。

自己主張には3つのタイプがありました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。
→ 子どものためのアサーショントレーニング① 自己主張の3つのタイプとは


自己主張をすると、相手を怒らせてしまうのではないかと思い、言いたいことを我慢してしまう子どもはとても多いのです。

でも、相手も自分も同じように尊重しながら、自己主張していくことがコミュニケーションの力を育むためにはとても大切なこと。

「アイメッセージ」を使った「アサーショントレーニング」
ぜひ親子で実践し、上手に自己主張しながら、生き生きした生活を送っていきましょう。

マンガでやさしくわかるアサーション 平木典子著

よくわかるアサーション 自分の気持ちの伝え方 自分も相手も大切にする、気持ちのよい自己表現 (こころのクスリBooks) [ 平木 典子 ]
価格:1,760円(税込、送料無料) (2024/2/26時点) 楽天で購入


発達障害のある子の子育てのヒントをメルマガでお届けしています
ご登録をお待ちしています

読むだけで心が楽になるEQ子育て 無料メルマガのご登録はこちら


関連記事

  1. いくら言ってもいうことを聞かない子ども そんな悩みが解消する「家族ディ…

  2. ノンバーバルコミュニケーションの重要性②言葉と表情の不一致がまねく違和…

  3. 「できないもん」と言わなくなる 母のサポートの魔法が育む子どもの自己肯…

  4. 子どもに注意しすぎていませんか?かまって行動のかげに隠れた子どもの気持…

  5. 自己肯定感の育み方:子どもの自律をうながす3つのポイント①選択できる自…

  6. EQっていったいなんだろう?子育て中の大人がEQを高めるメリットとは

  7. 子どものためのアサーショントレーニング① 自己主張の3つのタイプとは

  8. 子どもの自律をうながす3つのポイント②失敗したときにかける言葉がけ

すこやかな暮らしの書 島沢照美作品集

メルマガのご登録をお待ちしています