ごほうびにはリスクがあるの?子どもの自主性を育むために知っておきたい動機づけとは

「次のテストで成績があがったらごほうびにゲームを買ってあげる」
子育て中は、こんなふうに子どもにごほうびをあげることがありますよね。
でも、ごほうびの使い方によっては、逆に子どもの自主性を奪ってしまうこともあります。
この記事では、子どものやる気を育むために大切な「動機づけ」について説明します。

外発的動機づけ

「動機づけ」とは、やる気を起こさせるための要因のこと。「モチベーション」とも言いかえられますね。

外発的動機づけとは、外(自分ではない)からの働きかけによってやる気をだすということ。
親からのごほうびや罰などがこれにあたります。

「がんばればおこづかいがアップするぞ」
「成績下がると怒られるから勉強しよう」

などがあげられます。

これに対し、内発的動機づけとは、自分からやりたいという気持ちがやる気の源になっていること。

「もっと知りたいから勉強したい」
「できるようになりたいから練習する」

内発的に動機づけられた子どもは、自分から行動するようになり、自尊心も高まっていきます。

外発的動機づけは、すぐに効果があがるというメリットがあります。
大人も、お給料があがると思うと一生懸命働きますよね。

しかし、外発的動機づけを多用してしまうと、子どもはストレスや不安を感じるようになります。
親や社会からの期待や要求に応えるために常にプレッシャーを感じ、子どもの心理的な健康に悪影響を及ぼすことがあるのです。

また、こんなお話があります。

お絵かきが大好きな子どもたちに、「がんばって絵をかいたらごほうびをあげよう」と約束しました。
子どもたちは約束通り、絵をかいたらごほうびをもらうことができました。
でも、その後子どもたちは絵への興味を失い、絵をかくことが減ってしまったのだそうです。

もともと子どもには好奇心があり、できるようになりたいという気持ちに満ちているものです。そこにごほうびをあげることによって、興味が「絵をかくこと」から「ごほうびをもらうこと」に変わってしまったのですね。
これを心理学ではアンダーマイニング効果といいます。

では、どうすれば、子どもが自分からやる気をもって、行動するようになるのでしょうか。

それは、大人が子どもの姿をいつもしっかり見守っていること。
子どもが楽しんでいたら、一緒に楽しみ、喜んでいたら一緒に喜ぶことです。

「ほめること」や「ごほうび」には子どもをコントロールしようという意識がかくれているものです。
それは、上の立場から下の立場の人に向けたメッセージでよく使われます。
自律した心は自己肯定感を育みますが、コントロールされ続けた子どもは自信を無くしていくものです。

こちらの記事でご確認ください
自律した子どもを育てるために知っておきたい考え方:ヘルプとサポートのちがいとは

子どもは親の所有物ではないですよね。子どもを自分の思うようにコントロールしようとしていないか、チェックしてみましょう。

ごほうびもほめ言葉も、大人が心からいっしょに喜んでいれば、子どもはうれしくて内発的に動機づけられていきます。

「動機づけ」の考え方、参考になったでしょうか。
子育てにもぜひ活かしていってくださいね。

参考
子どもの発達が気になったら はじめに読む発達心理・発達相談の本

子どもの発達が気になったらはじめに読む発達心理・発達相談の本 [ 加藤 弘通 ]
価格:1,320円(税込、送料無料) (2024/3/4時点) 楽天で購入

自律とモチベーションの教科書


思いやりのある子に育てるための
子育てレッスンヒント
メルマガで毎週お届けしています。

関連記事

  1. 自己肯定感の育み方:子どもの自律をうながす3つのポイント①選択できる自…

  2. なぜあなたは子どもにガミガミ言ってしまうのか

  3. なぜ急にかんしゃくを起こすようになったのか?「4歳の壁」発達の特徴と対…

  4. グレーゾーンの子を持つ親が知っておきたい発達の特徴とEQを意識した言葉…

  5. 子どもの自律をうながす3つのポイント②失敗したときにかける言葉がけ

  6. EQ:心の能力を伸ばしていくためにかかせない子どもマインドフルネスのプ…

  7. 子どもがお友達とうまくいかなくて、学校にいきたくないという悩みにどう向…

  8. 子どものためのアサーショントレーニング③ イヤなことを断れるようになる…

すこやかな暮らしの書 島沢照美作品集

メルマガのご登録をお待ちしています