思いやりのコミュニケーション EQを高める感情の教育

みなさん、こんにちは

子どもを育てることは、とても大切なお仕事ですよね。

子どもたちの成長が、未来を担う大事な要素。
つまり、一人ひとりの子育てや教育が、社会をつくっているのです。


でも、そんな大切な仕事なのに、親が「子育てについて学ぶ」ことはあまりありません。
親になるといきなり子育てがはじまります。わからないことだらけで、手探りでいくのが子育てです。


なかでも、教育については、迷いや悩みも多いもの。

今までは大人から子供に対し、一方的に学習させる方法が主でした。
そのことによりみんなが少しでもIQを高めていくことを重視していました。


でも、これからの時代はもっと大切なことがあります。

それが「EQ」
感情を理解し、人とのつながりを大切にし、心豊かに育てることが、これからの教育のキーワードになるんです。

EQとはいったい何でしょうか?

「EQ」とは、感情を理解し、自分や他者とのコミュニケーションを豊かにするスキルのこと。この能力を大切にすることで、より豊かな人間関係を築き、ストレスにもしっかりと対処できるようになります。

では、なぜ今「EQ」が重要なのでしょうか?


それは、「感情」が豊かさを生み出す源だから。EQが高い子どもたちは、感情を理解し、他者と共感する力をもっています。つまり、思いやりのある子どもであるということです。
思いやりのある子どもは、自分の力を信じています。そのため問題が起きても解決に向かって努力できる、自律した子どもであるということなのです。

現代社会で求められるスキルは、知的な力だけではありません。今、私たちが大切にしているのは、感情の知性、つまりEQ。このEQを高め、思いやりのあるコミュニケーション力を身につけていくことが今求められているのです。

「感情」っていったいなんでしょう

ではみなさん、「感情」っていったいなんでしょう。
あらためて聞かれると、ちょっとむずかしいですね。

でも、「感情」がなんだかわからないのに、「感情のコントロール」はできません。

・感情とは何か
・どうして感情はあるのか
・感情の役割とは何か

このような感情のメカニズムからしっかり学んでいくのが、HOMEの感情教育レッスンです。

思いやりのコミュニケーションの輪を

今、時代は今までに経験したことのないスピードでどんどん変化しています。

この状況だからこそ、私たちは新しい考え方を取り入れなくてはなりません。
それが感情の教育、EQを大切にする思いやりのコミュニケーションのアプローチです。

IQだけではなく、EQを大切にすることが、未来を明るくするキーポイント。

知的な力だけでなく、心のスキルも育てていく

自己理解、他者理解、感情のコントロール。
自己主張、探求心、共感、コミュニケーション。

感情の教育は子どもたちの未来への第一歩。
EQの大切さを一緒に学び、思いやりのコミュニケーションの輪を大きくひろげていきましょう。

“HOME” 理念

EQを高める感情の教育を伝え、
思いやりのコミュニケーションの輪をひろげていくこと
社会全体の豊かなつながりに寄与していくこと

”HOME”という名前には、
うれしいときや悲しいとき、どんなときにもいつでも戻ってこられる自分の家
という想いが込められています


毎週EQ子育てのヒントをメルマガで配信しています。
ご登録をお待ちしています。

最近の記事

  1. EQ

    EQっていったいなんだろう?子育て中の大人がEQ…
  2. EQ

    EQ:心の能力を伸ばしていくためにかかせない子ど…
  3. EQ

    子どもの自律をうながす3つのポイント③大人が言っ…
  4. EQ

    子どもの自律をうながす3つのポイント②失敗したと…