フリースクールのルール

先日、お子さんをフリースクールに通わせている方のお話を聴かせていただきました。

そのスクールでは、給食のあと生徒全員が自分で使った食器を洗うのだそうです。

そのほかにもいろいろな生活上のルールがあり、

自由に過ごせると思っていたその子は

面食らってしまったようです。

でも、今は少しずつそれらのルールにも慣れて、だんだんと落ち着いて過ごせるようになってきたとのことでした。

実は以前から我が家にもそのスクールと同じルールがあります。

食事の後の食器はそれぞれが自分で洗う。

本当は私がやってしまったほうが早いし簡単なのだけれど、

こどもたちが、本当はやればできることを

奪ってしまっていけないと思ったからです。

女性であっても、男性であっても

子どもでも、歳をとっていても

自分には「できること」があるのだということ

その小さな誇りの積み重ねが

人を支えているのではないかと思っています。


メルマガのご登録もお待ちしています

EQを高める子育て 無料メルマガのお申し込みはこちら

関連記事

  1. 子どもとの会話、一方通行になっていませんか?

  2. 本当に大切なのは何?子どもがぐずって困るとき

  3. 私が私でいること~「夢みる小学校」をみて

  4. 子どもが音声を模倣できるようになるサイン

  5. 本当のやる気がアップする タイプ別こどものモチベーションを育てる言葉が…

  6. ノンバーバルコミュニケーションの重要性 ことばを話せない赤ちゃんが感じ…

  7. パニックをしずめるのに有効な方法はある?

  8. 困ってしまう子どものこだわり行動、どう対応する?

すこやかな暮らしの書 島沢照美作品集

メルマガのご登録をお待ちしています