ノンバーバルコミュニケーションの重要性②言葉と表情の不一致がまねく違和感

ノンバーバルコミュニケーションとは、言葉によらないコミュニケーションのこと。
具体的には、表情や声のトーン、身振りや姿勢などで、お互いに与えあう情報のことです。
私たちは、コミュニケーションをとるとき、無意識にこのノンバーバルな情報をやりとりをしています。

ノンバーバルコミュニケーションについてはこちらもご覧ください☟
ノンバーバルコミュニケーションの重要性 ことばを話せない赤ちゃんが感じとる語気や語感の育み

ではもし、ノンバーバル(言葉以外)とバーバル(言葉)の情報が一致していない場合、人はどのように感じるのでしょうか。

先日、こんなお話を聞きました。
相談者は、子どもを預かる事業所で働いています。
そこでいつもみている女の子が、最近よく話しかけてくるようになったのだそうです。
「先生、海のない県はいくつあるか知ってる?」

その内容は、大抵、他愛もない質問が多いのだとか。
でも、その時の顔が怒っているような怖い顔で、その話し方もとても強い口調なのだそうです。

話しかけてくれるのはうれしいけれど、いつも怒られているようで、とても違和感を感じるとのことでした。

ある時、その相談者は、女児に
「どうして、いつもそんなに怖いお顔でお話するの?」
と聞いてみたそうです。

するとその子は
「だって、自分の顔は自分ではみえないからわからないよ。」
と答えたとのこと。

「そうなのね。じゃあ、今度は少しにっこりしてからお話してみて。」
と相談者が促したところ、
「こんな感じかなー」
と、自分で笑顔をつくる練習をしはじめたとのことでした。

私たちがコミュニケーションを学ぶ方法は、国語や算数のように正式な教科で覚えるものではありません。
たいていは、周りの大人の真似をして、自然に覚えていくものです。
でも、今の子どもたちは、コロナ禍で育ち、周りの大人たちの表情を見る機会が圧倒的に少ないですよね。
また、自分たちもマスクをして生活するのが当たり前になり、自分自身の表情にも無関心になりがちです。

つまり、以前よりノンバーバルコミュニケーションを学ぶ機会がとても少ないということ。

でも、コミュニケーションにおいては、バーバル(言葉)情報の及ぼす影響はたった7%、ほとんどが、ノンバーバル情報の影響を受けています。

メラビアンの法則
感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合である。

出典:ウィキペディア 

要するに、言っている言葉そのものよりも、
どんな顔で、どんな声で、どんな距離感でそれは伝えられたのか。
そのことのほうを、人は重要視し、そのコミュニケーションを判断しているということなのです。

だから、子どもに関わる大人たちは、ノンバーバルコミュニケーションを重要視し、子どもにもっと伝えていくべきなのではないかと感じます。

そして、やはり大事なのは、大人自身がバーバルとノンバーバルを一致させている姿を見せること。

例えば、
「よくがんばったね。」
と伝えているつもりでも、視線はスマホを見ていたり。

または、
「全然疲れてないから大丈夫」
と言っているけれど、本当はクタクタだったり。

そんな様子を、子どもたちは見て、学習しています。
バーバルとノンバーバルが一致していないと、違和感を感じとりながらも、そうするものなのかと思ってしまうのです。

だからまずは、大人が、自分自身の本当の気持ちに気づいていることが大切です。
例えば、もし疲れていたら
「ちょっと今日はお母さんも疲れちゃった。」
と、子供に伝えたっていいのです。

そのようにして、大人がバーバルとノンバーバルを一致させていくこと。
自分に嘘をつかないことで、自分のノンバーバルコミュニケーションにも気づいていくことができますよ。
そして、大人が子どものお手本になり、子どもたちのコミュニケーションの力を育んでいってくださいね。


子育てや生活のヒントを、毎週メルマガでお届けしています
メルマガだけの限定情報も満載です
ご登録をお待ちしています

読むだけで心が楽になるEQ子育て 無料メルマガのご登録はこちら

関連記事

  1. 自己肯定感の育み方:子どもの自律をうながす3つのポイント①選択できる自…

  2. グレーゾーンの子を持つ親が知っておきたい発達の特徴とEQを意識した言葉…

  3. 「障害」「障がい」「障碍」表記がいろいろある理由と社会モデルの考え方

  4. 落ち着きのない子の感情コントロール:落ち着きをうながす5つのアプローチ…

  5. どう伝えたらわかる?子どもがわざといたずらをするとき

  6. 私が私でいること~「夢みる小学校」をみて

  7. EQを高める子育てスキル:親が身に着けておきたい感情のコントロールと情…

  8. 話し合いが進まないときに試してほしい みるみる主体的になれる質問の力と…

すこやかな暮らしの書 島沢照美作品集

メルマガのご登録をお待ちしています