どう伝えたらわかる?子どもがわざといたずらをするとき

先日、あるお母さんから、お子さんのことで相談をうけました。

最近、わざと悪いことをしてみようとしたり、ふざけたりしていうことをきかないとのことです。

できるようになったということ

こどもが大人を困らせるようなことをすると、自分の育て方が悪かったのではとつい思ってしまいますよね。

でもそれは、大人からしてみれば困った行動にみえるけど、成長して悪いこともできるようになったのだということでもあります。

こどもはできることが増えてくると万能感を持ち始め、人と関わることも楽しいと思うようになり、積極的になります。

そして、このころはまだやっていいことといけないことの理解ができていないので、困らせるような行動も多い。

たとえば、人の髪を引っ張ってしまったり、思い通りにならないと物を投げてみたり。

でもこんな行動が出たときこそチャンス!
本人には悪気があるわけではないのです。
ただ、自分の気持ちをどうあらわせばいいのか知らないだけ

「感情」について伝えること

ここで必要なことは

・そのときの子どもの「気持ち」を推測し共感を伝えること、
・でも、その行動で相手がどういう「気持ち」になったのかを理解できるように伝えること

「感情」について教えることができるチャンスです。

行動のもとになっているのは多くの場合「感情」です。
人は、その「感情」をコントロールして、他者とコミュニケーションをとっていく。

そもそも「感情」がわからなければ、コントロールをすることもできないですよね。

伝わりやすい方法を考えて伝えていく

わたしの生徒さんには、ことばの理解がゆっくりな子もいます。

でもわからないからといって教えなければ、本当はどうしたらいいのかを学ぶことはできません。

だから、表情、声のトーン、子どもとの距離、身振り、その子によってどうすれば伝わりやすいのかを考えながらしっかり「ことば」にして伝えていっています。

そしてそれは一回言ったからといって伝わるわけでもありません。
繰り返し伝えていくことが大切です。

地道な努力を繰り返すこと。
見えづらいかもしれないけれど、あきらめずにアプローチし続けていれば、かならずこどもは成長していきます。


メルマガのご登録もお待ちしています

EQを高める子育て メルマガの申し込みはこちら

関連記事

  1. こどもを注意された時に気づく 怒りの感情とそのコントロール

  2. そのほめ言葉、こどもの自己肯定感を低下させてしまうかも…

  3. 子どもとの会話、一方通行になっていませんか?

  4. こんな言葉に気をつけて! 落ちこんでいる子どもに対しつい言ってしまいが…

  5. 「できないもん」と言わなくなる 母のサポートの魔法が育む子どもの自己肯…

  6. 「障害」「障がい」「障碍」表記がいろいろある理由と社会モデルの考え方

  7. お片づけの力を育むための4つのポイント

  8. どうすればいい?不安な気持ちを感じ過ぎずにするために必要なたった一つの…

メルマガのご登録をお待ちしています

  1. こども